公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団
ホーム > 活動・事業内容 > 開催中の研究会

開催中の研究会

1.保険業法に関する研究会

敬称略

主査: 山下 友信 (同志社大学大学院司法研究科 教授)
  木下 孝治 (同志社大学大学院司法研究科 教授)
  潘阿 憲 (専修大学法学部 教授)
  榊 素寛 (神戸大学大学院法学研究科 教授)
  伊藤 雄司 (専修大学法学部 教授)
  その他損保ジャパン日本興亜関係者

研究内容

山下友信教授を主査とする「保険業法に関する研究会」は、2004年10月から主として保険業法300条を中心に検討を行っています。新たな時代環境における保険業法解釈についての指針を得るとともに、立法論を含めた議論を行っていく予定です。

 

2.福祉マネジメント研究会

敬称略

主査: 大橋 謙策 (公益財団法人テクノエイド協会理事長・東北福祉大学大学院教授)
  早坂 聡久 (東洋大学ライフデザイン学部 准教授)
  鈴木 直也 NPO法人 起業支援ネット副代表)
  小林 篤 
(損保ジャパン日本興亜総合研究所(株)ファカルティフェロー)
  久司 敏史 (損保ジャパン日本興亜総合研究所(株) 主任研究員)
  呉 世雄 (常磐大学コミュニティ振興学部 助教)
<教育実践メンバー>
  伊東 真理子 (同朋大学社会福祉学部 教授)
  野村 裕美 (同志社大学社会学部 准教授)
  安田 美予子 (関西学院大学人間福祉学部 教授)

研究内容

(1)本研究会は、将来の社会福祉を支える人材教育において、営利企業が長年培ってきた実践的な知見を取り入れることが有用か、有用であれば、どのような領域を、どのように実際に教育に用いれば良いのかを研究することを目的としています。


(2)営利企業は、多くのステークホルダー(関係当事者)と協働しながら、継続的に発展していくため、多くの実践的な手法を展開してきています。具体的には、経営戦略、企業統治(ガバナンス)、内部統制、コンプライアンス(法令変更への対応、違法労働、不当労働行為、反社会的勢力対応など)、リスクマネジメント(ハラスメント、個人情報保護、情報ろうえい、風評リスク、クレーム対応など)、財務(資産運用など)、マーケティング、研究開発、組織運営、人材育成、人権といった領域に整理できる様々なマネジメント手法です。これらのマネジメント手法の知見は、実務、理論の両面で蓄積されており、常に新たな知見が生み出されています。


(3)社会福祉に携わる各種の事業者(主として、社会福祉法人、NPO法人、営利企業)の事業運営および人材育成に関する実務的な課題を抽出します。次いで、課題を達成するために、営利企業のマネジメント手法の応用が有用であるか検証します。その上で、将来の社会福祉を担う人材の教育の中に、どのような形でマネジメントの実践的手法の習得を組み込めば良いのかを検討します。

 

3.ジェロントロジー研究会

敬称略

主査: 秋山 弘子 (東京大学大学院 特任教授)
  片桐 恵子 (神戸大学大学院 准教授)
  権藤 恭之 (大阪大学 准教授)
  増井 幸恵 (東京都健康長寿医療センター研究所 研究員)

研究内容

高齢者や高齢社会をめぐる諸問題を明確にし、その解決に向けての研究を通じて、豊かな長寿社会の発展に貢献することを目的として、ジェロントロジー(老年学)に関する研究を進めてまいります。